その他

プロ野球で投げ銭ってどうなの??

こんばんは。

ボリーKです。

3ヵ月遅れのプロ野球開幕から1週間がたちました。

全試合観れてるわけではありませんが、贔屓の楽天イーグルスが好調なこともあり、率直な感想としては「やっぱプロ野球最高っ!」って感じです。

昨年までは気づきませんでしたが当たり前のように毎日野球が観れるって幸せなことだったんだとかみしめてます。

さて本日のYahooニュースでプロ野球に関して気になる話題がありました。

どうやら阪神タイガースで日本プロ野球史上初の「投げ銭システム」を導入するみたいです。

Yahoo!ニュース
外部リンク
 
阪神が「投げ銭」システム導入 NPB史上初(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb161708b6f10d4ce246917aa82d167fccf57625
阪神がNPBでは史上初となる「投げ銭」システムを導入することが25日、分かった。MBSメディアホールディングス傘下のMGスポーツ(本社・大阪市)が発表した。スポーツ特化型ギフティングウエブサービスを

投げ銭システムとは

「投げ銭」はデジタル技術を用いた寄付(ギフティング)サービスで、ユーザーはオンライン上で金銭や金銭に準じるギフトをチームや選手に提供する。チームの勝利や選手個々のプレーに対して、ファンが直接対価を払う流れだ。エンゲートでは、サッカーJリーグ7チームやバスケットボールBリーグ9チームなどのほか、ハンドボール湧永製薬やアイスホッケーのアイスバックスなど、49チーム以上が運用している。さまざまな試合状況が発生して、プレーの静止時間が長い野球は「投げ銭」しやすいスポーツといえる。

引用元:日刊スポーツ

要は従来街でパフォーマンスをする人に行っていたの投げ銭をインターネットを介して、動画配信者や駆け出しのアイドルやミュージシャンなどに行う行為になります。

上記にある通りプロスポーツでも導入されており、コロナウイルスで現在無観客試合となり各球団大幅な収入減になるなか有効な財源になる可能性があります。

プロスポーツに投げ銭システムはどうなの?

正直、私としては投げ銭システムには反対です!

投げ銭が増える状況はどういったときになりそうでしょうか。

野球に関していえば、タイムリーやホームランを打った際や、ピンチの場面でのファインプレイや三振、またはチーム勝利時に大幅な投げ銭が期待されます。

投げ銭の分配がどのような形になるかはわかりませんが、仮に「投げ銭の金額が選手個々の評価や年俸にもつながる」としたらどうでしょうか。

いい面としては選手自身が今後もいいプレイを心がけようとモチベーションになり、またチームとしてもふがいない連敗をした場合、当然投げ銭は減ると思いますので危機感がこれまで以上に生まると思います。

悪い面として私が思ったのは選手やチームが必要以上に「魅せるプレイ」を意識してしまうんじゃないかという懸念です。

投げ銭はプレイひとつひとつがダイレクトにお金になるということです。

守備の際、きわどくなくてもファインプレイっぽくしたくならないでしょうか。

無理目な盗塁、走塁の増加やクロスプレイが増えたりしないでしょうか。

四球を選ぶより自分が決めたくなって強引に打ちにいきたくならないでしょうか。

ベンチも人気選手をとりあえず代打には立たせとくかってならないでしょうか。

なんか純粋に勝利のためのプレイに邪推が入る気がするんですよ。

もちろん、プロ野球選手が真剣勝負の場でそういうことしないと思いますが、それを助長するようなシステムってだけで純粋に見れなくなる気がするので嫌です!

まあプロ野球も興行なんで魅せるプレイ自体は必要だと思うし、投げ銭システムは収入減の補填に有効そうではありますけど、チームの勝利という目的がちょっとブレるような気がします。

もし導入されるんだったら、プレイごとの投げ銭の開示をせず、ひと試合ごと「今回の試合は⚪︎⚪︎円でした」という発表ならまだ防げる気がしますが、どうでしょうか。

阪神が導入して他球団にも広がるのか、一時的な処置なのかはわかりませんが、余計なことを考えず応援できるように納得できる形での導入をお願いしたいと思います。

※投げ銭って言葉もなんかかっこいい言葉(多分横文字)に変えたほうがいいと思っているBKに応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です