今週のSBG!

今週のSBG!〜9月2週アームエヌビディア売却合意の見通しと米オプション取引で含み益40億ドル〜

お久しぶりです。

ボリーKです。

ブログ更新まで1週間あいてしまいました。

ブログ書かないと1週間はやいっ!笑

さて今日は日曜日のため、日経新聞の記事を基に今週1週間のソフトバンク関連ニュースをご紹介します。

今週のSBG!

期間:9月6日〜9月12日

ソフトバンクG、半導体アームをエヌビディアに売却へ

ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の英半導体設計アームを米半導体大手エヌビディアに売却することで近く合意する見通しとなったとことを英紙ファイナンシャル・タイムズ(FT)や米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が12日に報じた。

現金と株式交換の組み合わせで、売却額は400億ドル(約4兆2,000億円)に達する見通しだ。

SBGは2016年、当時上場企業だったアームを3兆円超で買収して100%子会社にした。

現金と株式交換の詳細な割合は明らかになっていないが、売却を経てSBGがエヌビディアの大株主になる方向だ。

感想

以前から話にあったエヌビディアへのアーム売却の件ですが、まとまったみたいです。(SBGは現在ノーコメントですが)

アーム売るのか〜。

近い将来アームの供給を通じて世界のハイテクを支配するSBG、期待してたんですけどね〜。

でもまあエヌビディアならいいか〜。

同じ半導体で事業の親和性が高そうだし、アームをうまく使いそうですしね。

今回の株式交換でエヌビディア何パーセントくらいの保有になるのでしょうか?

エヌビディアの時価総額が大体3,000億ドルみたいなので、売却金額400億ドル全額を株式交換だと13%程度。

現金も含むみたいなので、10%超えくらいでしょうか。

オフィシャルな回答を待ちたいですね。

ソフトバンクG、オプション取引含み益40億ドル

英ファイナンシャル・タイムズはソフトバンクグループ(SBG)が米国のオプション取引で40億ドル(約4,200億円)の含み益を抱えていると報じた。

その規模の大きさから、同社の動向が相場全体にも影響する可能性があるとして注目を集めている。

日本経済新聞の取材に対し、ソフトバンクGの関係者は7日、「短期的な収益を狙うだけの取引は実行していない」と強調した。

一連のオプション取引は投資効率を高める目的のほか、価格変動リスクをヘッジするなどの目的にも活用されていたようだ。

コール以外の取引も組み合わせているとみられ、取引全体で含み益を確保しているかは不明だ。

感想

先週に引き続きSBGが行なっていた米国株のオプション取引の件。

どうやら40億ドルもの含み益をだしていたようです。

含み損じゃなくてよかった。。。。

まあ取引全体ではどうなっているかわからないみたいですが。

先日より「ナスダックのクジラ」扱いされているSBGですが、SBGが上場会社に投資するとこんなに影響があるんですね。

SBGがナスダック銘柄に投資することでナスダックとSBGの株価の相関性が高くなってきているように思います。

私自身、QQQなどナスダック銘柄に多く投資しているので上がる時はいいけど、ポートフォリオ全体の分散としては微妙になりましたね。

ただSBGは株式価値からみたら割安なので、直接ナスダック銘柄に投資するよりはお得なのかも。

今週の株価

6,334円→5,860円 −7.5%

今週はナスダックの下落などで6,000円を一気に割り込みました。

調べてみると終値で6,000円を下回ったのは7月6日以来と約2ヶ月ぶりです。

自社株買いはどうでしょうか。

6,000円切ってきたのでやってそうではありますが、がっつりはしてないような気もします。

根拠はないけど。

さて来週は上記アーム売却の件で、上がりそうな気もしますがどうでしょうか。

久々の爆上げ期待してるぜ、SBG!!

※昨日さすがにブログを書こうと思ったらSBI証券がメンテナンス中でやる気がなくなったBKに応援のクリックをしよう

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です