今週のSBG!

今週のSBG!〜2020年1月4週ウィー子会社売却とQR決済淘汰と元社員逮捕〜

こんにちは。

ボリーKです。

今日は日曜日のため、日経新聞の記事を基に今週1週間のソフトバンクグループ関連ニュースをご紹介します。

今週のSBG!

期間:2020年1月19日〜25日

WeWork、子会社売却 リストラ進める

米シェアオフィス大手のウィーカンパニーは22日、子会社のソフトウェア会社「チーム」と、女性向けコワーキングスペースを手がける「ザ・ウイング」の保有株式をそれぞれ売却したと発表、本業のシェアオフィス「ウィーワーク」事業に集中する。

今回売却した会社のほか、イベント企画の「ミートアップ」など非中核事業の2社の売却に向けた作業が進行中のほか、私設の小学校「ウィーグロー」も、通年の学期が終わる2020年半ばをめどに事業をたたむと発表した。

米銀大手のゴールドマン・サックスから17.5億ドル(約1,900億円)の融資枠を新規に取り付けたことも明らかにし、今後数週間以内に終始を受けることが可能になるという。

ゴールドマンとの契約は、ウィーカンパニーと筆頭株主のソフトバンクグループが共同で結んだ。

シェアオフィスでも不採算の契約を見直しているほか、新規のリース契約も急減させておりソフトバンクグループが主導で経営再建を進めている。

感想

先週に引き続きウィーの話題。

黒字化に向けた事業の集中を行なっているみたいです。

てゆーか、ウィーってかなり手広くやっていたんですね・・・・。

上記の通りゴールドマンからの融資もできそうなため、資金繰りも含めて安心材料になりそうです。

前回のソフトバンクグループの決算発表では、かなり問題視されたウィーですが、次回はいい発表を期待ですね(願望)

スマホ決済、淘汰の時代 メルカリがOrigami買収

メルカリは23日、傘下のスマートフォン決済のメルペイがスマホ決済のOrigami(オリガミ)を完全子会社化すると発表した。

オリガミは2012年に設立したフィンテック系のスタートアップで、16年にQRコード決済に参入。

他の決済手段に比べて当初は割引率が高く、スマホ決済のパイオニアとして決済できる場所は19万ヶ所に上り20代〜30代のユーザーに人気があった。

潮目が変わってきたのは、16年に楽天が、18年にはソフトバンクグループ傘下のPayPayなどIT大手のスマホ決済への参入だ。

PayPayは購入金額の20%還元キャンペーンの実施などで知名度を高め、豊富な資金力を背景に、サービス開始から1年余りで利用者は2,300万人、加盟店は185万ヶ所を超えた。

オリガミも決済金額を直接割り引く形で、ユーザー還元競争に率先して取り組んできたが、企業体力に限界があり、ユーザーが日常的に使う決済サービスとしての存在感は強まらなかった。

法人向けに19年9月に、オリガミの決済基盤を企業向けに開放し、独自決済アプリを開発するサービスを始めた。

吉野家やすかいらーくなどが活用を決め、11月にはトヨタ自動車が開発した決済アプリ「TOYOTA Wallet」の一部をオリガミが担うなど、事業者向けに活路を見出しつつあった。

QRコードを利用する決済サービスは全国的に提供する主要なスマホ決済事業者は10社程度とさせるが、PayPayやLINEペイのほか、楽天が手がける「楽天Pay」、NTTドコモの「d払い」など大手IT系の事業者が知名度などで優位に立つ。

オリガミがメルカリの利用者数を合わせても大手IT企業のペイメント利用者を脅かす水準にはならない見込で、今後は大手IT系への合流を軸に淘汰が進む可能性がある。

感想

SBGに直接的には関係ないメルカリによるオリガミの買収ですが、QRコード決済事業の再編とのことでピックアップしました。

オリガミペイ、ボリーKも使ってました。

ポイント還元ではなく、直接請求額から引かれる方式のため、すごく使いやすいんですよ。

吉野家の190円引きキャンペーンの時は、だいぶお世話になりました。

さて19年頃から本格的に広まったQRコード決済ですが、記事の通り20年は淘汰が進みそうです。

ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合を進めており、PayPayとLINEペイもいずれ統合される見方が強く、その場合日本においてはかなりのシェアを握ります。

それに比べれば今回の買収は、シェア的には弱者連合とみなされており、影響はすくないものの、将来的には他の大手ペイメント事業に買収される可能性もあり再編進みそうです。

利用者の立場ではシェアを取り競争が少なくなると企業が還元がする理由がなくなりますので、実質改悪になっていくと考えれれます。

株主としては、PayPayがQRコードの覇権を握るのは賛成ですけどね笑

ソフトバンクの機密情報ロシアに譲渡か 元社員逮捕

警視庁公安部は25日、勤務先だった通信大手、ソフトバンクの機密情報を不正に取得したとして、同社元社員、荒木豊容疑者(48)を不正競争防止違反(営業秘密の取得)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は2月18日、自身が勤務していたソフトバンクのサーバーにアクセスし、同社の営業秘密である機密情報など計2点を複製し不正に取得し、ロシア通商代表部の現職職員の男に唆されて、取得した情報を渡した疑いがあるという。

荒木容疑者は19年末に同社を退職している。

また逮捕容疑を認めており、職員への情報提供についても「現金を複数回もらったことがある」などと話している。

ソフトバンクは25日、「多大なる心配とご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」とするコメントを発表、無断に社外で持ち出されたのが作業文書などで、顧客の個人情報といった機密性の高い情報は含まれてなかったとしている。

感想

ソフトバンク元社員の不祥事です。

機密情報の不正取得自体も問題ですが、それを他国であるロシアへの情報流出とのことで、びっくりする話題。

ソフトバンクの発表によると、作業文書等のことですが、、、、そんなのいるの!?

日本は島国ということもあり、諜報活動の対策や情報管理が遅れていると聞いたことがあります。

近年IoTということで、すべてのモノがインターネットに繋がってく社会になっていってます。

おかげで生活は便利になっていきますが、個人情報や機密情報が流出しやすくなるリスクが増しており、各企業においてこういった不祥事があればあっという間に信頼を損なわれます。

ソフトバンクには、今回の件を教訓に情報管理の徹底を期待したいです。

今週の株価

4,890円→4,772円 −2.4%

今週も下がっちゃいましたね・・・・。

決算発表やスプリント合併可否など大きな要因がなければ大幅な値動きは少なそうですが、新型コロナウイルスの影響でマーケット自体が下がる可能性もありそうです。

※アイキャッチ用の孫会長の画像が足りなくなってきたボリーKに応援のクリックをお願いいたします笑

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です