今週のSBG!

今週のSBG!〜8月4週ペイペイ多機能化とアリババ株関連新会社立ち上げ〜

こんにちは。

ボリーKです。

今日は日曜日のため、日経新聞の記事を基に今週1週間のソフトバンクグループ関連ニュースを紹介します。

今週のSBG!

期間:8月16日〜8月22日

ペイペイ、多機能アプリに 旅行予約など年60種追加

スマホ決済大手のPayPay(ペイペイ)が「スーパーアプリ」と呼ばれる様々なサービスの入り口となる多機能型アプリの構築に乗り出す。

10月にも一部の技術を無償で公開、年60種を目標に外部企業に旅行予約や家計簿など、ペイペイにのせるミニアプリの開発を促す。

ペイペイは他社のアプリを連携させる「API(アプリケーション・プロブラミング・インターフェンス)」とう技術を公開、ペイペイ場でサービスを提供したい企業は2週間程度でミニアプリを開発できる。

企業がミニアプリを連携させた場合に、同社が手数料を取るとみられる。

ミニアプリを作る企業にも3千万人を超える利用者の購買行動を把握できるペイペイを通じ、個人の嗜好に合わせた広告宣伝も可能など、売上の底上げ効果を期待できるメリットがある。

ペイペイがAPIの公開に踏み切るのは、ミニアプリで利用者の裾野を広げて採算を活動時、海外でも競争できるアプリに進化するためだ。

ペイペイは2018年10月のサービス開始以来、利用者や加盟店の獲得を優先してきた。

公正取引委員会によると、スマホ決済金額でペイペイの国内シェアは5割強で首位だが、販促費を集中投下した結果、20年3月期のペイペイの営業損益は832億円の赤字。

そこでミニアプリをペイペイにのせる企業から手数料を取り、中小事業者の決済手数料も21年10月から有料とすることで黒字化を目指す。

感想

着々と進むペイペイのスーパーアプリ化ですが、(久しぶりに)ペイペイを開いてみると、いつの間にか機能が追加されてたりしますが、便利になるだけじゃなく収益化という意味でも重要みたいですね。

消費者としては機能が追加されて便利になれば、ますます使用頻度は上がります。

記事にもある通り外部企業がペイペイのミニアプリに参加していけば、企業から手数料が取れますので、使用頻度が上がれば上がるほど企業の参加が増え手数料収益が増えます。

ペイペイとしても手数料収益が増えれば、消費者への還元や決済手数料を抑えたりといったこともしやすくなると思います。

つまり、みんなが使えば使うほど消費者としても企業としてもお得になるってことです。

そういった意味でもはじめは赤字でもシェアを獲ることが重要なんだとあらためて感じました。

ソフトバンクG、アリババ株関連で新会社

ソフトバンクグループ(SBG)は19日、保有する中国アリババ集団株を活用した資金調達を管理する新会社を立ち上げると発表した。

SBGは100%子会社であるソフトバンクグループジャパン(SBGJ)を会社分割するかたちで新会社「スカイブリッジ」を10月1日設立する予定だ。

SBGJはアリババほか通信子会社ソフトバンクなどSBGの投資資産の中でも重要性の高い株式を保有していた。

資金調達に活用することの多いアリババ株に関する業務を新会社に切り出して「経営効率を高める」としている。

感想

直近の4.5兆円保有資産売却では、アリババ株を活用した1.6兆円調達をおこなってます。

このように資金調達の際に活用されるアリババ株の業務を管理するための新会社との位置付けみたいです。

現状のSBGJでの保有より、専用会社にすることで業務がやりやすくなるとのことなのでしょう、たぶん。

個人的に一番感じたのは「スカイブリッジ」という名前がSBGと関連性がみえずあまりしっくりこなかったことです笑

今週の株価

6,326円→6,259円 −1.1%

BABA様の好決算発表で上がるかと思ったら・・・・上がりませんでしたね。

あんなに近かった7,000円が最近は遠く感じます。

ただBABA様も決算発表から1日遅れで金曜日に3%ほど上がってますので、明日の株価は期待できると思います。(期待を込めて!)

※とはいえ、SBGに心配していないBKに応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です