経済

特別定額給付金オンライン申請をあきらめて思う効率化の必要性

こんにちは。

ボリーKです。

紆余曲折ありましたが、1人10万円の給付に決まりました特別定額給付金の申請が始まりました。

申請の開始時期は自治体の対応によるので、まだ始まっていないところも多いと思います。

私が住んでいる仙台市でもオンライン申請が5月18日から、郵送による申請が5月26日からと発表されました。

ご存知な方も多いともいますが、先に挙げた通り申請はオンライン申請と、郵送による申請の2通りあります。

もちろんオンラインで申請した方が、特別定額給付金が早く振り込まれるとのことです。

マイナンバーカード持ってる?

オンライン申請には、マイナンバーカードが必要となりますが、これ皆様お持ちでしょうか。

できて5年以上経ちますが、普及率が20年4月時点で約16%とけっこうレアカードとなっております。

実は私持ってるんですよ!このレアカード。

割とできた当初に申請してました。

今から申請するとなると1ヶ月以上かかる見込みです。

ふふふ、作っといて良かったぁ!

振り返ると今までマイナンバーカードを作ったメリットといえば、

うーん、証券口座を開設するときとかに使ったかなぁ?

他に?

たまに住民票を取るときにコンビニで発行できたりとか?

くらいでしたからね。

今までいまひとつ活躍できてなかったマイナンバーカードですが、今回の申請が一世一代の晴れ舞台に!と期待していました。

裏切られた期待

「マイナンバーカードもある」、「ICカードリーダも持っている」、「パスワードも覚えている」ということで早くオンライン申請が始まらないかと思っていた私。

そんな期待していたオンライン申請ですが、結論から言うと断念することにしました。

理由は申請に必要な署名用電子証明書の期限」が切れていたからです。

なんだそれ?と思いましたが、よくよく調べてみるとマイナンバーカード自体の有効期限は10年ですが、電子証明書の有効期限は5年(正確には発行から5回目の誕生日)とのこと、無慈悲にも今年の1月に期限が切れてました。

しかも、電子証明書の更新には区役所に行っての更新が必要みたいです。

しょうがないので、幸い今日は自宅勤務だったため、昼休みに区役所に行って更新することにしました。

申請で混んでいると聞いてたけど、平日だし、電子証明書の申請だけだから大丈夫だよね?なんて思ってたら・・・・

待ち時間に約40分、申請開始からでも完了まで2時間かかるとのこと。

舐めてた!

どうやら暗証番号の発行システムがアクセス集中している影響みたいです。

同様の人が多いのか結構混んでましたよ。

一瞬待ってようかと思いましたが、自宅勤務で連絡が取れないのは流石にまずいと思ったの諦めることにしました。

不本意ながら申請は郵送で行うことにします。

効率化の必要性

様々な手続きを簡略化する目的で作られたマイナンバーカードですが、なにか非常にアナログな仕組みがボトルネックとなりあまり機能していないように感じます。

こういった行政による管理はプライバシーとの兼ね合いがあるため難しい部分はありますが、もう2020年なんだから効率化できる部分はどんどん進めてほしいと個人的には感じます。

そもそも物理カードだけである必要はあるのでしょうか、Tポイントカードみたいに物理カードのほかスマホなどで表示できるオンラインカードも合わせてできようになれば効率的なると思うのですが、ダメですかねぇ?

新型コロナウイルスをきっかけに在宅勤務やオンライン会議などで仕事のあり方が変わりつつあります。

新型コロナウイルスの拡散はマイナスな出来事ですが、行政も紙ベースの旧態然としたものから、オンラインベースへの変革できるというプラスできるチャンスにもできると思います。

先日まで新型コロナウイルスの報告が各病院からFAXで送付されているということが話題になってました。

労働人口減少による生産性効率化は日本の課題ですが、やるべきことはいくらでもありそうです。

※給付金の10万円でニンテンドースイッチの購入を考えているBKに応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です