投資関連

【リライト】個別株はいらない!僕がつみたてNISAで資産形成をするなら2020

お詫び

筆者が前澤お年玉がはずれてショックで寝込んでいるため(大嘘)、過去ブログよりのリライト記事です。

2年連続外れましたが、昨年のお年玉企画がきっかけで、ボリーKはTwitterをはじめたため、こうしてブログをしていることは前澤さんがきっかけでもありますので、感謝してます。

だから来年は当ててね❤️

僕がつみたてNISAで資産形成をするなら2020

こんにちは。

ボリーKです。

先日つみたてNISAの積み立て期間が延長になり、現在、積み立て可能期間は2037年まですが、これを延長し、いつから始めても20年間非課税となることになりました。

これによって今まで行ってなかった人も、始めやすくなり今後口座を考えている方も多いと思います。

ボリーKは、米国個別株とSBG株投資という世間的に見ればかなりマニアックな投資を行っておりますが、投資自体が好きだという方でなければオススメはできません。

なぜなら、個別株は不祥事、経営不振などによる株価下落リスクがあり最悪倒産もありえるため、日々の情報収集などの保有株の管理が必要なためです。

つまり、めんどくさい!

本屋にいっても投資関連本は、「ほっらかし~」、「寝てても~」、などのキーワードが多く並んでおり、一部の投資マニア以外の一般の方は、投資はめんどうだと考えているわけです。

とはいえ、銀行預金では全然利子がつかないし、春頃老後までに2,000万円の資産が必要といわれていて漠然と不安に思っている方が多いと思います。

でも、大丈夫。

【朗報】投資信託でも、十分資産形成は可能です!!


そのなかでつみたてNISAは、リスクなく始められるため一番おススメできる制度です。

実際ボリーKも2018年はつみたてNISAを行っていましたが、都合により(資金力も少ないのに個別株で大儲けしたい銭ゲバのため)、2019年より一般NISA口座へ再移行しました。

もしボリーKがつみたてNISAを行うと仮定して購入商品を考えたいと思います。

一般NISAとつみたてNISAの違い

fullsizeoutput_1b68

上記の通り、つみたてNISAは利用限度と対象商品に制限がある代わりに、非課税期間が20年間と長いのが魅力です。

証券口座は楽天証券がおすすめ

楽天証券はサイト自体が、楽天とは思えないほど見やすく(失礼)、使いやすいこともありますが、一番の理由は楽天カードで投資信託が購入できる点です。

楽天カードで購入すれば、購入金額に応じて楽天スーパーポイントが1%付与されます(最大5万円/月まで)。

購入商品候補

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 信託報酬:0.0968% 米国割合:100%

・eMAXIS Slim先進国株式インデックス 信託報酬:0.10989% 米国割合:65%

・eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 信託報酬:0.1144% 米国割合:55%

選定理由

・世界経済の拡大に合わせて、資産額の右肩上がりを期待できる上記3商品を選定。

・アクティブは、信託報酬も高く長期でインデックスに勝てるファンドが少ないため、選択肢除外。

・インデックスファンドの中でも、eMAXIS Slimシリーズ信託報酬業界最低水準。

・新興国は、インフラ、社会情勢等リスクが高いため除外。

気づいたと思いますが

なに選んでもアメリカの割合がでかいっ!

これは世界株式総額に占める米国株の割合が半分以上占めているからです。

これが今後も続くと考える方は、米国株の割合を増やして、そうとも限らないと考える方は全世界株式を選んではいかがでしょうか。

えっ僕だったら?

それはもちろん、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)100%ですよ!

U.S.A.!U.S.A.! FUUUUUU---♪

※本ブログは、特定の銘柄、商品の購入を促すものではございません。
 投資は自己責任で冷静に行いましょう。

でもこの思いは今も変わっていません!(キリッ!)

ちなみにiDeCoでは、妻の分も含めてeMAXIS Slim米国株式(S&P500)に全額ぶち込んでます。

※応援のクリックいただけると本当に嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です