その他

【終わりのないのが終わり】コロナウイルス・エクスペリエンス・レクイエム

こんにちは。

ボリーKです。

コロナウイルスの影響ががっつり仕事にもでてきてます。

先日発令された「非常事態宣言」に伴うコロナウイルス感染および拡大防止のため、弊社では時短勤務になりました。

正確には東京の本社では先月より時差出勤と、今回から交代での在宅勤務もスタートしてますが、ボリーKの勤務する仙台ではこれは適用外になります。

通常の定時は9:00〜17:30ですが、9:00〜16:30に変更になり1時間勤務時間が減りました。

幸い弊社は月給制のため、時短勤務になっても給料は下がりませんが、状況が状況なだけに喜べません!

仕事にならない

ボリーKは専門商社の営業をおこなってますが、かなりひまになってきてます。

営業なので、普段は既存の得意先に出かけて商談をするということが多かったのですが、今回のコロナウイルスの影響のため、3月くらいから面談、面会を禁止する得意先が増えてきたためです。

よく考えたら営業なんて「不要不急」なものですから当然ですね。

また2月末から原則出張が禁止になり、週1くらいで関東方面に出張することが多かったのでこれもなくなってます。

本当なら在宅勤務がいいのでしょうけど、弊社は営業以外はデスクトップパソコンを使用しているためか在宅勤務に対応できてません。

そんなこんなで、会社に行ってデスクワークをしているんですけど、4月に入っていよいよやることがなくなってきました。

このままの状況が続けば、業績の悪化は免れず、賞与や人員削減、最悪倒産になるかもしれません。

終わりがみえないのが怖い

今回のコロナウイルスのやっかいなところが、今のところ明確な終息時期がみえないことだと思うんですよ。

緊急事態宣言自体は、約1ヶ月後の5月6日を解除目処としてますが、状況によっては延長することも十分考えられます。

2月の自粛が開始された時も、とりあえず2週間程度だったのが、どんどん延長されてますし。

2月の時点では、私をはじめ多くの人が、プロ野球などが延期するとは思ってなかったし、ゴールデンウイークには普通に遊びに行けると考えてたと思います。

それが好転するどころか4月に入って、むしろ拡大は広がり悪化してます(株価はなぜか上がってますけど)

ひょっとしたら終息するには、ワクチンが開発されるまで半年や一年などの時間が必要なのかもしれません。

対応していくしかないのかも

もうこういう状況ならコロナが収まるのを待つのではなく、自粛を前提とした仕事や生活ができるように発想を変えていかなくてはいけないと考えるようになってきました。

仕事なら今までの対面での訪問を諦めて、テレビ会議を活用した営業活動をするとか、学校ならオンライン事業、友達との飲み会もオンライン飲み会とかでしょうか。

また弊社では対応できてませんが、在宅勤務が効率的だということでコロナ終息後も当たり前になり、これまでできなかった労働時間や都会の方は通勤時間の短縮が可能になります。

労働生産性が悪いとされる日本も、これを機に労働時間や環境を見直すチャンスかもしれません

自粛も含めて正直うんざりですが、終わりのない終わりを目指して一人一人が気をつけて適応していくしかなさそうです。

※時短勤務で昨日からこどもの保育園のお迎え担当になったBKに応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ABOUT ME
borie-k
仙台在住中小企業のサラリーマン。 SBG株と米国株投資で戦闘力(資産)2025年まで1,000万、 2045年までに1億を目指してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です